サイエンスダイエットとは何ですか

ダイエット中の女性

ダイエットはもともと病気を治すための食事療法をさしていましたが、現代の日本では食事療法のみならず、痩身や減量、ボディメイキングのために使われるカロリー制限、体質改善、エクササイズ、さらに外部からの働きかけとしてマッサージや、サプリメントなどを含めた意味を持っています。

サイエンスダイエットはこの中で食事や運動でするダイエットではなくて、サプリメントやハーブなど緩やかな成分をもつものや、下剤のような薬効成分による効果を、利用したダイエットをさしていると考えられます。

マイクロダイエットやプロティンダイエットなども、サイエンスダイエットの範疇に入るでしょう。科学的な根拠のあるダイエット方法はサイエンスダイエットにいれてもいいのではないかという声も、きかれます。

しかし、医学的には、痩せ薬という痩身に効く薬はありません。よく雑誌に一ヶ月で10キロ痩せた!などセンセーショナルに効果を煽る痩せ薬の広告が、掲載されています。

まったく効果のない無害な偽薬ならよいですが、なかには無認可の成分が含まれていたり、代謝を過剰に亢進させ、心臓や腎臓や肝臓への負担をかける有害な薬もあります。体質によっては致命的になったりします。

また、あやしいクチコミの痩せ薬は麻薬だったりすることもあるので、安易に薬にたよってやりすぎたサイエンスダイエットをするのはおすすめできません。本来、薬事法の範囲の薬を使う行為は医療行為になります。その中で身近なサイエンスダイエットの例は、整腸剤や便秘薬を使い、宿便や便秘を改善するものがあげられます。

スポンサードリンク

花 サイエンスダイエットと腸内環境

サイエンスダイエットのひとつとして、ダイエットで定番の下腹部のぽっこりやおなかのはり、頑固な便秘の悩みには、体質改善でゆっくり正すやり方のほかに、便秘薬を使うやり方があります。

民間薬なら、どくだみ茶やどくだみエキス、さまざまな製薬会社からでている和漢薬、コーラックなどが有名ですよね。スリムドカンなどは、クチコミによれば減量効果というより、下剤効果のほうがよいらしく、いっそ便秘のときに使っている方もいるそうです。

サイエンスダイエットで便秘が改善されば、腸内にたまっていた宿便がなくなり一気に体重もへり、体内の毒素が一気に排出され、腰のくびれができたり、肌荒れが改善されたりします。

サイエンスダイエットは薬を使うのでその効果は絶大ですが、その効果に安心して体質改善をしないで、一時しのぎになることもしばしば。その上薬ですから、何度も使ううちに身体に耐性ができてしまい、効き目が落ちたり、常用性ができて手放せなくなるような危険性もあります。

サイエンスダイエットは、ここ一番に頼りたくなりますが、サイエンスダイエットの効果の大きさは、危険性の大きさでもあることをよく理解して使わなくてはいけません。かといって、たかが便秘といってあなどっていると便秘で亡くなる人もいます。

固くなった便で腸が捩れをおこしてしまったり、固くなりすぎた場合、自力では無理で、腸内洗浄を必要とする場合があります。頑固な便秘は腸の痙攣や閉塞から起きることもあるので、ダイエット中で体力に心配があるときは薬を飲んで様子を見るより、すぐに医療機関にかかった方が安全です。