お腹痩せクリーム【脂肪溶解成分含有】

お腹痩せを実現した女性

出っ張ったお腹を痩せさせるためのダイエットには、カロリー制限や運動、そして特定保険食品の使用など様々ありますが、実際に効果があるかというと、かなり個人差もあれば、期間がかかるという問題もあります。

しかし、短期間で、男性のみならず、だれでもが例外なくお腹のサイズダウンを図れるような方法はあるのでしょうか?

外科的な肥満治療を除けば、やはり脂肪溶解成分を含んだお腹痩せクリームと呼ばれるスリムクリームでしょう。しかし…

医療現場で開発された浸透テクノロジー

●いくら塗っても全然、効果がなかった!

せっかくお腹回りにたまった脂肪を解消できるのでは…?と期待しながら塗り続けたスリムクリームが思ったほど効果がなかったという経験は、ありませんか?

お腹を痩せさせるために使われてきた今までのスリムクリームにつかわれている成分そのものは、バイオテクノロジーの研究とともに進歩してきました。しかしその強力な成分のほとんどは肌の奥に送り届けられることがありませんでした。

どんなに効果的な成分でも脂で覆われた人の肌にその成分を浸透させることは非常に難しいことなのです。

実は、これまでに発売されたスリムクリームの多くは配合成分を肌に浸透させるどころか、本来の効果を発揮しないままシャワーで流されてしまっていたのです。

●有効成分が浸透して、脂肪を溶解&セルライトを除去する最先端のスリムクリームとは?

やせた人

スリムクリームの効果を増加させるために、マッサージを行いリンパの流れを良くするといいといわれます。

すでに脂肪のまわりに付いてしまった老廃物は、セルライトとなってさらに血液やリンパの流れを悪くします。ですからマッサージを行うだけでなく、さらにこのセルライトも改善しなければ、お腹周りを引き締めることはできないのです。

脇腹、下腹部、太もも、お尻などについた脂肪は、マッサージだけでは解消できません。科学的に実証された脂肪分解成分を配合したクリームをやせたい部分に浸透させる方が、確実に結果が期待できます。

しかし有効成分が浸透し、脂肪を溶解&セルライトを除去する最先端のスリムクリームとは、どのようなテクノロジーを活用したものなのでしょうか。

●医療現場で開発された浸透テクノロジー

遺伝子治療や抗がん剤に応用されるドラッグデリバリーシステム(薬剤を狙った箇所に届ける技術)を研究していたカリフォルニア大学のブライアンケラー博士は、その技術をスキンケアに応用することを思いつきました。

従来の浸透テクノロジーはコストがかかり量産できないリポソームというテクノロジーでしたが、ケラー博士が医療分野で培ってきたテクノロジーは、製造のプロセスがシンプルで大量生産を可能なものにしました。

この技術は4年に一度の浸透学会で発表され、すでに注目の的となっておりましたが、2008年に横浜で開催された同学会でも研究者から大きな賞賛を浴びました。

>> すり込むだけで引き締まる最先端スリムクリーム

浸透テクノロジーを採用したスリムクリームを選ぶ

スリムクリーム各種

>> すり込むだけで引き締まる最先端スリムクリーム

世界の有名スリムクリーム

スリムクリーム各種

メニュー

管理者情報など